レストランやバーからストローが消える

公開日: Canada ディスカバリー

straws

必ずしも必要でないストローは無くてもいい

毎年300万トンものプラスティックが生産されています。
カナダ政府は、ストローの禁止条例を進める一方で、環境問題の解決にはまだ足りず、プラスティック工業そのものを考える必要があると言っています。

イギリスでもストローに関する取り決めを発表しました。

こういった動きには、環境問題の解決の一歩になります。
ストローに限らず、コーヒーショップで見かけるプラスティック製のマドラーも数秒使われるだけであとは、捨てられるものになってしまいます。リサイクル処分をカナダでも実施はしているもののメンドくさがり屋による一般ゴミへの混入は避けられません。

専門家の推定によると、1950年代から83億トンものプラスティックを生産しており、ほぼ3/4にあたる63億トンものプラスティックがゴミとなっていると言います。

ゴミと化したプラスティックは、自分のことしか考えない私たちの手によって、山や海に捨てられ、北極圏に住む海鳥のお腹の中でたくさんのプラスティック製品の残骸が見つかっています。
カナダ海岸線2,800kmでボランティア清掃員によって昨年拾われたプラスティックの残骸は33万個で、その中には17,654本のストローがありました。2017年、世界中で見つかったゴミと化したストローの本数は409,087本です。

2015年夏、ウミガメの鼻に詰まったストローを取り抜く動画がYouTubeで公開されましたが、すでに約2,200万回(2018年4月現在)も再生されています。
本当に痛そうで、見ているだけで心が苦しみます。

カナダの環境保護団体グリーンピースのサラ・キングさんは、この動画を見て「変えるべきだ!」と思ったそうです。

レストランに行けば当たり前にようにドリンクについてくるストローですが、果たして必ず必要なものなのか、と。
一番簡単に使用を避けることができるプラスティック製品ではないかと思ったそうです。

トロントではすでに125店舗以上のレストランが禁ストローのキャンペーンに署名し、使用を取りやめるようです。

あとは、この事実を知って、一般の人も自主的に使用を控えるようになることを望んでいます。

首相ジャスティン・トルドーもイギリスやスコットランド、台湾が発表したストローの使用を禁ずる提案に続いて検討中のようです。
2018年G7サミットが開催されますが、このプラスティック問題がテーマになり、解決策をディスカスする場になるだろうといっています。




にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村に参加してます。
もし良かったらクリックして頂けると嬉しいです。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



キツラノを歩く vol.1
“Romer’s Burger Bar”

キツラノを歩くシリーズ Victoria's Day ! 偶然休みにな

Garibaldi Lake
長く、しんどい、つまらないトレイルの先にある景色

楽しいハイキングとは呼べない 初めて行ったのは3年前でした。 あれ以来

greek yoghurt
Greek Yogurt

Greek Yogurt ギリシアヨーグルト バンクーバーは海外だけ

Sunflower Chiliwack
ひまわり畑を見に行こう!

太陽の花ひまわり畑でフォトタイム バンクーバーから車で1時間ちょっとの

netflix HBO
NETFLIX で海外コンテンツ閲覧ができる?

Image taken by Paul Sakuma from Ass

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑