マリファナ販売員逮捕

marijuana store

Image taken by Gerry Kahrmann

Vancouver Police 手入れ

キツラノ(2916 West 4th Avenue)にあるマリワナ販売店『Weeds Glass and Gifts』にバンクーバー警察が手入れしました。

どうやら、15歳の少年がこの店で買ったマリファナを服用して病院に送られたとの情報があったからだそうだ。警察は、少年に販売したと思われる販売員をその場で逮捕、捕まった販売員は「まさかあの微量で過剰投与になるなんて思ってもいなかった」と述べたそうです。てか、売るなよ!

オーナーのDon Briere 氏はこう答えています。

「警察はやるべきことをやっているだけ」

バンクーバーには、80店舗以上ものマリファナ販売店があると言われていますが、そのうちの11店舗は、Don Briere 氏が経営する『Weeds Glass and Gifts』です。

バンクーバーでは、マリファナの販売に対する改正プランが論議中で、販売が厳しくなる反面、条件を元に売ってもいい販売店が現存する変な取締になっています。

学校や公共団体のある半径300m以内に販売店があってはならない規則があって、既に20店舗ほどが規制違反によって閉店に迫られています。

今回のケースは販売員が直接未成年に販売してますが、購入者が未成年に売りさばくという悪質な市場もあるようですね。去年9月、バンクーバー警察の手入れ報告によると、2267 Kingsway にあるマリファナ販売店『Budzilla』は誰彼構わず、店に入ってきた人に販売していたようです。他にも、882 East Hastings の『Jim’s Weeds Lounge』が近所の少年に販売していたという情報もあります。

5月2日、
“NO DISPENSARY LEFT BEHIND”
を掲げロブソンストリートでマリファナ販売店を無くすための行進があったようですね。

バンクーバー・マリファナ販売店急増

知っていましたか?マリファナ販売が合法化したシアトルにあるマリファナ販売店より、現状ではバンクーバーにあるマリファナ販売店が多いらしいのです。えっ(;゚Д゚)!

以前こんな記事も書きました。もし良かったら覗いて見て下さい。
マリファナ!ついにバンクーバーでも合法か!?





にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村に参加してます。
もし良かったらクリックして頂けると嬉しいです。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



English
英会話 vol.3 “Spare tire”

最近お腹が出てきた って聞いたことある人多いのでは? 前の

英語を話せるようになりたければ勉強するな

初めての留学で取り入れた勉強法 初めての留学はニュージーランドでした

chinese investment
世界が中国になる日

バンクーバー地価高騰 1997年、イギリスの統治下で

Whistler Hiking 3
ウィスラーが楽しいのは冬だけではない!Whistler in Summer 2

ハイキング ウィスラーではハイキングも楽しめます。両方の山(Mt.ウ

A korean girl w phone
もはや病!コリアンガールの依存症!

バッグやポケットに入ることのない携帯電話 もはや、バンクーバーで

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑