カナダ、マリファナ合法化の勘違い

カナダでマリファナ吸っても大丈夫。。。なわけない

2018年10月17日、カナダでマリファナ合法が施行されました。

本来、うつ病や食欲不振、殺人現場の目撃による恐怖感からの不眠症を患う人向けなど、ドクターの判断で医療目的でマリファナの使用が許可されていました。しかし、今回の合法化でレクリエーション目的でも使用可能になりました。

合法と聞くと、「法律で認められた」「犯罪でない」イメージがあります。レクリエーション目的もOkとなればなおさらです。
そのため、カナダでは自由にマリファナが吸えると思っている人が多いのではないでしょうか。

カナダで試みてるのは、そういう安易なことではなくて、法を持って取り締りを強化する意味での合法と思ってもらえればいいのではと思います。

ちなみに日本人が吸ってるのを警察などに見られると日本の法律を持って処罰されるので、「カナダ行ったらマリファナ吸える〜」ってわけにはいきません。

合法化した2018年の変化

以前は、起業、ビジネスする際に必要なビジネスナンバーと販売契約料を国に支払えばマリファナを販売できました。いいビジネスになるため、欲をかいた販売員が処方箋を持たない来客にも販売をしたりしていました。

販売できる資格基準が高くなる

合法化してからはもっと厳しくなります
ビジネスナンバーはもちろんのこと、ライセンスを取得しないといけません。
責任を持って販売できなければ処罰されます。

運転ルールも厳しく

マリファナ使用中の運転は厳しく罰せられます。
マリファナに限らず、飲酒運転も厳しくなります。

施行されるのは2018年12月18日です。

有罪判決の服役が最長5年だったものが10年にまで伸びます。

短期滞在者、永住権者にも人生を無駄にするほどの処罰が下される場合があります。

永住権者は永住権を剥奪されカナダを追い出されます
短期滞在者は入国禁止されてしまいます

合法化された10月から警察の巡回が異常に増え、仕事に向かう30分の間に3台の車がパトロールカーに捕まってたりします。少なくとも一日1台は捕まってるのを見ます。おそらく通常の交通取り締まりも含めてるとは思いますが。

違法ドラッグ過剰摂取による死亡率が低下

Tablets in plastic packing

フェンタニルという麻酔に使われる成分をドラッグに混入して錠剤を取引している悪い人がいます。
フェンタニルは兵隊さんが使うモルヒネの80倍、ヘロインの数百倍も強いと言われています。

中途半端に混入されたフェンタニルからは含有量が異なる錠剤ができてしまいます。
摂取した人によっては何ともない場合もあれば、死に繋がるほどの場合もあるわけです。

「私大丈夫だったよ」

young teenager buy drug at disco to dealer

友人の言葉を信じ摂取した10代の女の子が過剰摂取で亡くなったりもしています。

違法ドラッグ使用による死亡数(BC州)

tiredness

2018年11月14日アップデートされたデータです。

<<年代ごとの死亡者数>>

  • 2008 : 183人
  • 2009 : 201人
  • 2010 : 211人
  • 2011 : 294人
  • 2012 : 269人
  • 2013 : 333人
  • 2014 : 368人
  • 2015 : 526人
  • 2016 : 993人
  • 2017 : 1,458人
  • 2018(9月時点) : 1,143人

2015年から急激に増えていますが、ちょうどその頃からフェンタニルの使用が増え始めたと言われています。
この結果から、いかにフェンタニルが危ないものか分かると思います。

2015年から2016年は約2倍に増え、2016年から2017年は減りはしたもののそれでも約1.5倍増えています。
私の予想では2018年は2,000人超えるだろうと思っていましたが、急に落ち着いた様に思えます。

2017年9月時点では、1,156人。
2018年9月では、1,143人。

明らかに死亡率が落ちています
2018年マリファナ合法化(取り締まり強化)に向け歩んできたためか、違法ドラッグの流通も抑えることに成功しているように思えます。

都市ごと死亡数(BC州)

2017年の死亡者数1,458人を元に死亡者数が多かった都市から表示します。

  • バンクーバー:369人
  • サレー:117人
  • ヴィクトリア:91人
  • ケローナ:75人
  • ナナイモ:54人
  • アボッツフォード:52人
  • バーナビー:43人
  • カムループス:38人
  • ラングレー:36人
  • メープルリッジ:31
  • コキットラム:28人
  • ニューウェストミンスター:24人
  • プリンスジョージ:23人
  • ヴァーノン:23人
  • チリワック:23人
  • その他:246人

多少年度ごとに変化はありますが、だいたいどの年代もこんな感じです。

知る必要はないとは思うけど

マリファナ使用による基準を紹介します。

  • 公共の場で所持していいのは30グラムまで
  • 自宅での所持は1,000グラムまで
  • 車内に置く場合はしっかりと袋や容器の封が閉じていること
  • 一世帯につきマリファナ栽培は4つまで
  • 賃貸オーナーは上記の本数上限をさらに減らすこともできる
  • マリファナの栽培は、公共の目に付く場所であってはならない
  • 学校、公園、遊び場の近くでの使用は禁止
  • その他、*タバコと使用エリアは同様

*タバコを吸える場所はドアから半径6m離れている場所。
車内喫煙は窓を開けていたとしても16歳以下の子供がいる場合は吸えない。
ホテルの部屋内でも吸えません。
(バンクーバーにおけるルールです。州によって若干ルールが異なるので注意)

マリファナ管理の職を州政府が募集?!

BC州がマリファナ販売におけるマネージャー、ディレクター、コンサルタント、管理者などを求人しています。
政府管理下でちゃんと販売をコントローするのは良いですね。

数年前に Kwantlen Polytechnic University でマリファナ栽培が学べるコースが設立されました。
そこで受講していた学生は、卒業してすぐに働き場所がある感じですね。

しかも、上記の職は給料が良すぎる(笑)

年収$86,000–$112,000(約730万〜950万円)なんだそうですっw

それだけ人件費を払えるだけの市場があると、ちょっと怖いです。
一体どれだけの人がマリファナを使用しているんだか。。。

国が合法化する予想される理由

マリファナにはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分が含まれていて、この成分が幸福感、抗うつ、食欲増進、睡眠作用などの効果を持っています。

医療用のマリファナは政府の管理下のもと栽培されていて、このTHCがコントロールされています。

金儲けのために勝手に栽培して販売してきた無法者がカナダ在住者を狂わせてきたわけです。

そういう無法者を取り締まり、政府管理下栽培のマリファナだけを流通させることで、税収が望めるわけです。

また、販売店の条件を引き上げることで子供の手に渡りにくくする目的もあります。
(昔はマリファナクッキーがありましたが、子供が食べていても分からないので、現在では食べれるマリファナは禁止されています)

犯罪が減って、規定量以上のTHC摂取者が減り、違法ドラッグの取り締まりも強化され、アホな国民が減り、国の税収が増え潤うことは国にとっても国民にとってもいいことだと思います。

このままのペースでこの合法化が「やってよかった」改正になればいいなと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村に参加してます。
もし良かったらクリックして頂けると嬉しいです。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



Canada Flag
永住権を取る!

はじめに 永住権に関する情報を書いていくつもりですが、ビザ(特に就労

IELTS.eyecatch
カナダ移民に必要なIELTSって何?

2014年5月17日、IELTS のテストを受けました。

English-Bay-2
English Bay on December 29th, 2014

天気のいい日は 走ります。 冬季バンクーバーは雨が毎日のよ

English
英会話 vol.17 「~だったと思う」

would have (been) 私の英会話は、映画やテレビ、

Garibaldi Lake
長く、しんどい、つまらないトレイルの先にある景色

楽しいハイキングとは呼べない 初めて行ったのは3年前でした。 あれ

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑